『進撃の巨人2 -Final Battle- 』 レビューを見た感想/ネタバレなし

Nintendo SwitchPS4Steamレビュー

すでにゲームをプレイした方のレビューを読んでまとめたので、このソフトに興味があるけど、買おうかどうか迷っているときの参考にしていただけたらと思います。

ネタバレしているコメントや、あまりにもひどい表現は参考にしないようにしています。さまざまなサイトやブログのレビューを読んで抜粋してまとめましたが、高評価・低評価ともにあくまで個人の感想になります。

スポンサーリンク

商品概要

TVアニメ「進撃の巨人」 Season1~3のストーリーを収録!アニメの世界をゲームで追体験

操作可能キャラクターは総勢40名以上! 新規プレイアブルキャラクターも参戦!「立体起動装置」の新感覚アクションを再現!新装備「雷槍」「対人立体起動装置」も登場!巨人だけでなく人間との戦闘も展開!「壁外奪還モード」でゲームオリジナルの展開も楽しめる!

まずは評価の高いレビューからです。

高い評価のコメントまとめ

星5
自分で作ったオリジナル主人公で話を進めるのが凄く良かったです。原作のお気に入りのキャラクター達に誉められたりするとなんか嬉しかったし、ムービーで主人公目線になっていたりするのも自分がその場にいるみたいで良かったです。

星5
TVアニメのシーズン1~3のストーリーを追体験できます。ボリュームはもちろん、映像美、面白さもパワーアップしていますので今までの集大成的なゲームであり長く楽しめると思います。立体駆動装置を使用したアクションはもちろん楽しいですし、新装備の雷槍は爽快感がありいいですね。

星5
立体起動装置を十二分に活かし、すごく爽快感がありいい感じ。雷槍の迫力いいね!ストーリーは普通に面白い、漫画やアニメだと途切れ途切れ見るので、理解できてない部分もあったが、意外とゲームで内容がわかりやすいです。全体的にクオリティが高いゲームだと思います。

星5
立体機動をどう再現しているのか心配でしたが、さすがコーエーさん。簡単操作でアニメの中の世界のように討伐できるのはすごいなと感心しました。いつものお使い的なところもありやり出すとハマってしまいます。よく出来たソフトだと思います。進撃の巨人好きなら後悔しないと思います。

星5
普通の2より、面白くなっています。武器が接近戦メインだったのに飛び道具が増え、さらにはキャラクターエピソードも追加されていて買って損はなかった。

・・・といった内容です。

高評価には、「立体駆動装置のアクションが楽しい」「雷槍の迫力が凄い」「オリジナル主人公で遊べるのが良い」といった声が目立ちました。立体機動も簡単操作で遊べて武器も追加されているので、無印版より迫力や爽快感が増しているようです。ほかには、「映像が綺麗」「ストーリーを追体験できて良い」「全体的にクオリティが高い」との声もありました。

続いては低評価のコメントです。

低い評価のコメントまとめ

星1
主人公の育成が効率悪く、進まなくてめんどくさい。ある程度育てたらクリアは出来るから違うモードで他のキャラで遊ぶことになる。

星1
操作できるプレイアブルキャラクターが多いが、実際個性がそこまで無いのでプレイアブルキャラクターについては普通かな?

星1
この商品は、過去に販売された進撃の巨人2にキャラクターエピソードモードが追加されたアップグレード版です。値段を見て新作だと思ったユーザーも多いんじゃ無いでしょうか。

星1
「追加要素の目玉である『新シリーズ』ではオリジナル主人公モードはなし」と聞いた時は、残念でなりませんでした。

・・・といった内容です。

低評価には、「追加シナリオでオリジナル主人公が使えないのは残念」との声が目立ちました。前作でオリジナル主人公を楽しんだプレイヤーほど、かなり落胆したようです。ほかには、「アップデート版にしては価格高い」「ストーリーで端折っているところもある」といった声がありました。

レビューを見た感想

全体的に高評価の声が多くありました。ソフトの価格も下がってきているので、今ならさらにお得なソフトだと感じました。進撃の巨人が好きな人はもちろん、アニメを見ていない人もゲームをしながらストーリーを楽しめるのでオススメです。

爽快感のあるアクションを楽しみたい人や、オンラインでの共闘が好きな人も、この機会に試してみてはいかがでしょうか。

  • アクションゲームが好きな人におすすめ。
  • 進撃の巨人が好きな人はもちろん。
  • アニメを見ていない人にもおすすめ。
  • オンライン共闘が好きな人にもぜひ。

『進撃の巨人2 -Final Battle -』 公式サイト
https://www.gamecity.ne.jp/shingeki2/finalbattle/

©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会 ©2018-2019コーエーテクモゲームス