『BLUE REFLECTION TIE/帝(ブルーリフレクション タイ)』 レビューを見た感想/ネタバレなし

Nintendo SwitchPS4Steamレビュー

すでにゲームをプレイした方のレビューを読んでまとめたので、このソフトに興味があるけど、買おうかどうか迷っているときの参考にしていただけたらと思います。

ネタバレしているコメントや、あまりにもひどい表現は参考にしないようにしています。さまざまなサイトやブログのレビューを読んで抜粋してまとめましたが、高評価・低評価ともにあくまで個人の感想になります。

スポンサーリンク

商品概要

あの最期の夏、私たちは本当に大切なものを 探す旅に出た。

岸田メル氏が描く透明感あふれるデザインで、少女たちの複雑で等身大な青春を描きます。
キャラクターデザイン:岸田メル 
キャスト:柳原 かなこ、高柳 知葉、芹澤 優、河瀬 茉希、高田 憂希 ほか

まずは評価の高いレビューからです。

高い評価のコメントまとめ

星5
前作と比べたら色々と良くなっていると思います。とてもキャラデザが可愛いのとキャラクターとの交流やクラフトは面白いです。それから相変わらずガスト制作は音楽がとてもいい。アトリエのシステムやシナリオに不満がない人は買って損はないかと。

星5
前作と比べたら色々と良くなっていると思います。とてもキャラデザが可愛いのとキャラクターとの交流やクラフトは面白いです。それから相変わらずガスト制作は音楽がとてもいい。アトリエのシステムやシナリオに不満がない人は買って損はないかと。

星5
前作を遊んでなくてもアニメを観てなくても全然問題なく楽しめるのも良い点だと思います。クリア時間は30時間ほどでしたがサブイベントなどもしっかり楽しめばボリューム満点に楽しめると思いました。

星5
最初、バトル操作めんどくさいな~と思っていたけどストーリーを進めて仲間が増えていくと非常にハマっている自分がいました。前作より使えるキャラクターが増えて育成、バトル、アイテム作成など良い方向に改善されていました。1弾の続編なのでクリアされた方はとてもお勧めです。

星5
最初、バトル操作めんどくさいな~と思っていたけどストーリーを進めて仲間が増えていくと非常にハマっている自分がいました。前作より使えるキャラクターが増えて育成、バトル、アイテム作成など良い方向に改善されていました。1弾の続編なのでクリアされた方はとてもお勧めです。

・・・といった内容です。

高評価には、「キャラデザが可愛い」「音楽がとてもいい」「世界観が良い」との声が目立ちました。ほかには、「育成、バトル、アイテム作成など良い方向に改善されている」「ストーリーの展開の仕方、RPG要素などは見違えるほど良くなった」「ボリューム満点」といった声がありました。

低い評価のコメントまとめ

星1
前作の代名詞と言っても過言では無かった濡れ透け表現がほぼ無い、よく見たらそれっぽいくらい。何がとは言わないが揺れない。これっぽっちも揺れない。カメラアングルを際どい角度にするとキャラが喪失する。

星1
2021年のゲームとしてみたら微妙な3Dモデリング。リカちゃん人形的な造形のキャラが多いのとモーションのぎこちなさも相まって人形感はぬぐえません。

星1
各フィールドで敵に見つからずに進むステルスミッションのサブクエが用意されています。序盤は難易度低いですが、後半は難易度も高く、道中見つかると最初から戻される。かなりストレスが溜まります。

星1
バトルの難易度について最初はそれなりに丁度良い感じだったが、慣れて中盤に差し掛かるとインフレしてノーマルでも終始楽勝になってしまった。

・・・といった内容です。

低評価には、「紳士的要素が規制されている」「モデリングが微妙」との声がありました。ほかには、「ステルスミッションはかなり面倒」「バトルの難易度が低すぎる」との声がありました。

レビューを見た感想

全体的に高評価の声が多くありました。前作よりもストーリー展開やRPG的要素などがパワーアップしており、可愛いキャラが出るだけのゲームではなくじっくりと遊べるゲームになっているとのことです。キャラクターの育成やバトル、アイテム作成などが好きな人にオススメなソフトだと感じました。可愛いキャラクターがたくさん出てきますが紳士的要素に規制がはいっているので、それが目的の人には注意が必要そうです。

体験版も配信されているので気になった人は、この機会に試してみてはいかがでしょうか。

  • RPGやアドベンチャーが好きな人におすすめ。
  • 前作やアトリエシリーズが好きな人はもちろん。
  • 岸田メル先生が好きな人にもおすすめ。
  • 紳士的要素が目的な人はご注意を。

『BLUE REFLECTION TIE/帝(ブルーリフレクション タイ)』 公式サイト
https://bluereflection-tie.com/